介護職員初任者研修、最近この名前をよく耳にします

 

介護職員初任者研修、この名前を聞いた時に研修と思いがちかもしれませんが、介護福祉士という資格をとるために必要な研修、導入という意味で介護職員初任者研修ということなのかと思います。
もちろん、介護福祉士になるためにはこれを受講しなければ、専門の教育機関へ行っていない限りは受験資格をもらえないことになります。

 

 

ちなみにこの名前はごく最近名称変更されてこの名前になっているわけですが、以前で言いますと、ホームヘルパー2級がこれに相当するものとなります。
いきなり名前が変わってそのようになるといいますと、わからないということになってしまうわけですが、これに関しましては資格講座を主催している企業のサイトにも説明が掲載されておりますので、
そちらを確認していただけたらと思います。
そこで、資格講座を一覧で簡単比較して一括で無料資料請求が出来る便利なケア資格ナビをご紹介します。

 

介護職員初任者研修
スクール比較・一括資料請求はこちら

 

 

ただ、名称が変わったからといいましても、そのままではない部分もありますので、多少はどのようなことを学ばなければならないかを確認するべきかと思います。
以前にホームヘルパー2級を勉強していた方は差分を理解しつつ、再度最初から叩き込むつもりで勉強していただき、はじめて勉強をする方は差分とか知らないわけですから、まっさらな状態で勉強していただいて、介護職員初任者研修に合格を目指していただけたらと思います。


いずれにしましても、名前が変わった、内容が変わったとしましても、介護の仕事をしたいと思ったときには避けては通ることができないものには変わりないので、頑張ってもらいたいものです。

 

 

介護職員初任者研修は介護関係の入り口

 

介護職員初任者研修は介護関係の仕事に就いて、最初に取る資格ということで、
入り口であると思います。
資格の名前にありますように、あくまでも初任者ということで介護の仕事をするということになりますので、実務を重ねてさらなる資格にチャレンジをして、これからの高齢化社会で介護が必要になる方がますます増えていく世の中で活躍をしてもらいたいと思います。
また、入り口というところでは、全く介護の仕事をしたことがない、
介護のことを全く知らないという方々でも勉強をすれば、
資格を取ることができるということで門戸が意外に広いということです。

 

 

仕事としてではありませんが、在宅で介護している方もこの資格を取って、
知識を深めて普段の介護に役立ててもらいたいと思います。
少しでも介護の知識があって、世話をちゃんとできるとなれば、家族だけでなく、近所の人に介護のアドバイスをすることもできますので、自分のためにも地域のためにも資格を持っていて損はないということになります。

 

 

そして、介護の入り口、つまり基礎を学ぶことが介護職員初任者研修を取るためには必要なことで、その結果として介護の仕事を行い、介護での経験をいろんなところで活用していただきたいものです。
ただ、気を付けなければならないのは、単純に知識だけでは実務で活躍が難しいですから、実際に介護を行い、数多くの経験を積んでいかなければ上のステップへはいけないということになりますので、努力を重ねていきましょう。

 

介護職員初任者研修は高齢者が増える今だから強く求められています

 

 

介護職員初任者研修の必要性は、高齢化の進行とともに高まる一方です。
今日の日本では高齢者が増え、数多くの方が介護を必要とすることが事実としてあり、
家族の介護も人手が足りない、介護関係の仕事も人手が足りないということもあることなのではないでしょうか。

 

 

 

しかしながら、若い人は年々減少しているという事実があり、
ますます高齢者が高齢者を世話するような社会になっていることもあります。
その中で少しでも多くの介護の仕事をしてくれる人が必要であって、
働くために介護職員初任者研修を取らなければならないということになります。

 

 

 

また、高齢者が増えているということで、高齢者の1人暮らしも多くなっており、
介護施設に入所しなければならない方が多くなり、施設が足りないということも生まれているわけですが、
そうなりますとますますスタッフが不足しているという事態になってしまいます。
それを助けるということでも、介護職員初任者研修の資格を持った職員が多く必要になります。
そして、家庭での介護の場合でも資格を持っていれば、近隣の方の介護をサポートできますし、
介護で使用される器具も使うことができるようになるので、大変重宝されるはずです。

 

 

 

 

近所を少し移動するだけで何軒もの介護施設があるように、それだけ介護の経験がある人を必要とされているのです。
自宅での介護だけでいいやということではなく、1人暮らしの高齢者が安心して自宅で過ごすことのできる環境づくりを手伝ってみてはいかがでしょうか。

 

 

介護職員初任者研修資格の取り方

 

介護職員初任者研修は、介護関係の企業で行われている講習に参加して、
受験をすることでを資格取得ができるわけですが、自力でも勉強することもできます。
ただ、自力でとなりますと、実務ができないということになりますので、
実際に勤務した時にいろんな不安があると思います。

 

 

また、介護関係の専門機関で教育を受けた場合、いきなり介護福祉士を取ることもできるわけですが、こちらは国が認定している教育機関で介護の勉強をしている方だからということで、個人ですぐに介護福祉士を取ることはできませんので気をつけましょう。

 

たいていの方はまず介護職員初任者研修を取得して、一定時間の実務経験を経てから介護福祉士、認定介護福祉士という形になりますので、まずは資格に関して順序を追って確認するようにしてください。

 

資格を取ってから介護関係の仕事に就く場合でも、資格がなくても介護関係の会社に就職する場合でも資格を取ってから、実務で実績を積むことが次のステップに進むためには必要であって、常に勉強をすること体力面の維持をすること
が働くためには必要になります。
ただ、資格を取ったから何もしなくてもいいということもありませんし、
資格がなくても働けるということでもありません。
資格と実務が伴ってこそ、一人前であるといえるのではないでしょうか。
資格がなければならない仕事に就く場合は資格とともに実務ができなければ、
何の意味をなさないということを考えながら、仕事に励んでいただきたいと思います。

介護の仕事を行うためにはまずこの資格を持っていなければならないわけですが、主にヘルパーと呼ばれる仕事を行います。高齢者や身体が不自由な方の世話をするのが仕事で、散歩へ連れていったり、お風呂にいれたり、ご飯を食べさせたりなどの身の回りのことを手伝います。なぜ、介護の仕事をするのに資格を取らなければならないかといいますと、自宅の家族の介護には資格は要りませんが、ほかの方を介護する場合は仕事として行うために必要になるということです。では、どうすれば資格を取ることができるかと言われますと、こちらの資格に学歴は関係ありませんので、勉強をすれば資格を取ることができます。また、介護関係の仕事を行う時に研修を受けさせてもらえるということですので、介護関係の会社に就職する際に研修を受けさせてもらって、資格をお得にとることもできます。ですが、仕事にする、しないに関係なく、家族のために介護職員初任者研修の資格を取るのはとてもいいことだと思います。知識がなくても、世話ができるかもしれませんが、介護のためのいろんな方法を知ることで柔軟な介護ができるようになれると思います。特に少子高齢化ということで、誰にでも介護をする機会はありますし、介護されることもあります。これらのことを考えますと、介護のことを知っていた方がいいと誰もが思っていることではないでしょうか。介護のことを知る延長線上に資格試験があり、それが介護職員初任者研修であると考えるのです。しかし、資格を取る、勉強するということで知識が先行してしまいますと、実際の介護を行う時にはその場に応じたことを柔軟に行えないという側面があります。つまり、勉強すること、資格を取ることは基礎知識を覚えるということであって、そのうえで状況に応じた介護を実践しなければならないことを意識する必要があります。知識と実践が伴って初めて、介護ができるということにつながるのではないでしょうか。